AndroidやLinuxでは言語設定を英語にしよう

最近AndroidやらLinuxやらでは言語設定を英語にしています.
日本語で使っているとストレスを感じる場面が多くてついやってしまった.

きっかけはRaspberry Piです.
SDカードにRaspbianぶっ込んで,日本語フォント入れて日本語化したんです.
ところがシェルが日本語表示できないみたいで豆腐が出るんですね.
ググったら何か別の入れろというのが出てきたのですが,面倒なので言語設定英語にしました.
日本語入力さえ出来れば,諸々のインタフェースが英語だろうと関係ないだろうと.
どうせべらぼうに面倒な単語も出てこないだろうし.

言語設定を英語にすることによるメリット・デメリットを自分なりにまとめてみました.

メリット1 外国人が作ったアプリの,残念な日本語を見なくて済む(Android)
ASTROの画面
ASTROの設定画面

メリット2 リテラシーの低い日本人の罵詈雑言レビューを見る頻度が低くなる(Android)
Playストアのレビューは言語設定を拾ってくるのか何なのか,言語設定日本語でアクセスすると基本的に日本語のレビューしか出てきません.
言語設定英語にすれば逆に基本的に英語のレビューしか出てこないので精神衛生上大変よろしいです.
(おそらくレビューに書いた端末の言語設定情報が入っていて,アクセスした端末の言語設定と同一のものを表示している?言語設定英語でアクセスしても日本語レビューが出てくることがあったような…)

メリット3 日本語表示に伴う微妙なずれの解消
今のところCinnamonでしか遭遇していないのですが.
こちらをご覧ください.
cinnamon-menu
日本語にするだけで高さが変わってしまう.もちろんソフトウェアの名称が英語であれば,高さはこの2つの間の収まるわけです.

software
“プロジェクトのウェブサイトへ”だけ長い.気持ち悪い.(これはGNOMEの問題か…)

デメリット1 アプリの説明が得られない場合がある(Android)
某radikoの話ですけども,言語設定を英語にしてPlayストア上でradiko見ると説明欄に
「This application program is released for use in Japan only and is not to be used in any other country.」
なんて出てくるんですよ.これ以外は何の説明も無い.
日本国向けなのは大いに分かりましたよ.で,日本国向けであることと本体の言語設定に何の関係があるんですか?
日本国内で英語使っちゃいけないんですか?

デメリット2 検索エンジンの言語設定も英語に
Androidの場合,ホーム画面の検索から検索すると,googleの設定無視して英語になってしまうんですね.
日本語の設定にしても無駄で,一体何なのかとイライラしてきますわ.

皆さんも試してみては如何でしょうか.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中