カテゴリー別アーカイブ: OS

AndroidやLinuxでは言語設定を英語にしよう

最近AndroidやらLinuxやらでは言語設定を英語にしています.
日本語で使っているとストレスを感じる場面が多くてついやってしまった.

きっかけはRaspberry Piです.
SDカードにRaspbianぶっ込んで,日本語フォント入れて日本語化したんです.
ところがシェルが日本語表示できないみたいで豆腐が出るんですね.
ググったら何か別の入れろというのが出てきたのですが,面倒なので言語設定英語にしました.
日本語入力さえ出来れば,諸々のインタフェースが英語だろうと関係ないだろうと.
どうせべらぼうに面倒な単語も出てこないだろうし.

言語設定を英語にすることによるメリット・デメリットを自分なりにまとめてみました.

メリット1 外国人が作ったアプリの,残念な日本語を見なくて済む(Android)
ASTROの画面
ASTROの設定画面

メリット2 リテラシーの低い日本人の罵詈雑言レビューを見る頻度が低くなる(Android)
Playストアのレビューは言語設定を拾ってくるのか何なのか,言語設定日本語でアクセスすると基本的に日本語のレビューしか出てきません.
言語設定英語にすれば逆に基本的に英語のレビューしか出てこないので精神衛生上大変よろしいです.
(おそらくレビューに書いた端末の言語設定情報が入っていて,アクセスした端末の言語設定と同一のものを表示している?言語設定英語でアクセスしても日本語レビューが出てくることがあったような…)

メリット3 日本語表示に伴う微妙なずれの解消
今のところCinnamonでしか遭遇していないのですが.
こちらをご覧ください.
cinnamon-menu
日本語にするだけで高さが変わってしまう.もちろんソフトウェアの名称が英語であれば,高さはこの2つの間の収まるわけです.

software
“プロジェクトのウェブサイトへ”だけ長い.気持ち悪い.(これはGNOMEの問題か…)

デメリット1 アプリの説明が得られない場合がある(Android)
某radikoの話ですけども,言語設定を英語にしてPlayストア上でradiko見ると説明欄に
「This application program is released for use in Japan only and is not to be used in any other country.」
なんて出てくるんですよ.これ以外は何の説明も無い.
日本国向けなのは大いに分かりましたよ.で,日本国向けであることと本体の言語設定に何の関係があるんですか?
日本国内で英語使っちゃいけないんですか?

デメリット2 検索エンジンの言語設定も英語に
Androidの場合,ホーム画面の検索から検索すると,googleの設定無視して英語になってしまうんですね.
日本語の設定にしても無駄で,一体何なのかとイライラしてきますわ.

皆さんも試してみては如何でしょうか.

さようならGNOME Shell

Fedora 18が遅れに遅れましたがリリースされました.
(ref. Releases/18/Schedule – FedoraProject)

サブマシンのML110 G6上はもっぱらFedoraを使っています.
それ以前からWindows上のVirtualBoxではUbuntuやMandrivaなども嗜んでいました.
今でもUbuntuは新しいバージョンが出る度に,VirtualBox上で一週間程度は遊びます.

さて,Fedora 15から採用されたGNOME Shell,あるいはUbuntu 11.04から採用されたUnityですが,各所で批判を浴びています.
GNOME Shellはだましだまし今まで使っていました(20ヶ月くらい?).
Unityは1週間どころか10分使うのすら苦痛です.
考えた奴は頭お○しいんじゃないか.

そんなことを思っていたここ最近ですが,ふとLinus TorvaldsがGNOMEを捨てXfceを使っているという(1年以上前の)記事を読みました.
Linus Torvalds氏がGNOME 3を酷評、Xfceへ切り替えたことを明らかに – SourceForge.JP Magazine : オープンソースの話題満載
その中でLinusは「その過程でGNOMEもフォークして、GNOME 2環境をサポートできないものか? まともなユーザーインターフェイスに戻りたい」との記述を発見しました.

ということで,gnome 2 forkなんてググってみたらMATEなるものが出てきました.
英語版wikipediaの記述を見るとFedora 18に採用予定なること,GNOME ShellのforkのCinnamonなるものの存在を知りました.

MATEの方はGNOME 2とほぼ同じであろうと思われるので,Fedora 17でCinnamonを試してみました.
幸いにもメインリポジトリに追加されているので簡単に導入できました.
日本語フォントに起因する些細な問題はありましたが,概ね好感です.

Fedora 18ではMATEあるいはCinnamonを使いたいと思います.
さようならGNOME Shell
Goodbye fxxkin’ GNOME Shell!!!

Fedora 12 + VirtualBox Guest Additions 問題解決?

ここ数週間悩まされていたFedora 12 に VirtualBox Guest Additions を入れると,Fedoraが起動しなくなる件.
今までの経緯は以下を参照してください.

  • Fedora 12 -インストール3回 « Vardhanaの雑記帳
  • Fedora 12に苦戦中 « Vardhanaの雑記帳
  • どうにか解決することが出来ました.

    どうやら xorg.conf を吐いておくと成功するようです.
    system-config-display をインストールして,システム→管理→ディスプレイから解像度を適当に変更.
    この状態でなら Guest Additions を入れても,無事に Fedora を起動することが出来ました.

    ググっても出てこないし,2ch で聞いてもレスがなかったので,こんなことで困っている人間はいないと思うのですが,同じ症状でお困りの方はコレで解決するんじゃないでしょうか.

    Fedora 12に苦戦中

    Fedora 12 -インストール3回 « Vardhanaの雑記帳

    上記の記事が最近このブログで人気です.
    その後もインストールを繰り返していますので,続きでも書きましょうか.

    結論だけ最初に言うと,相変わらず Guest Additions に苦戦しております.

    上記の記事ポスト後も失敗し続けました.
    6回目のインストールで,無事 Guest Addition 導入後も普通に起動し,使えるようになりました.
    それまでと何ら変わらない方法で導入したので,今まで失敗していた理由もこのとき成功した理由も未だ不明.
    これが4,5日くらい前の話.

    インストールしても
    ところが,今日家に帰ってきたら起動しない.どう頑張っても無理.
    悪あがきはやめて,大人しく7回目のインストールを決定.
    “前回成功したから大丈夫だろ.”なんて思って,スナップショットも作らずに Guest Additions を導入.そして再起動.
    起 動 し ま せ ん .

    そして現在8回目のインストール中.
    Mandriva Linux を3,4回で諦めたのに比べて,堪え忍んでいる方じゃないんでしょうか.

    VirtualBox が悪いのか?俺に VMWare を使えってか?